takablog

大学生×バイク×YouTube×ブログ×人生

ツーリング バイク バイクとお金

大学生が九州ツーリングにかけた費用は?

ガソリン代計算したよ

どうもTakaです。

学生の春休み期間を利用して東京から九州ツーリングをしたのですが、今回はこの九州ツーリングにかかった費用を紹介したいと思います。


高速料金については別記事でもまとめてますので合わせて参照ください。
九州ツーリングにかかった高速料金は?東京発 | takablog

九州ツーリングの行程

ざっと九州ツーリングの行程はこちらです。

【1日目】東京-神戸
【2日目】神戸-福岡
【3日目】福岡-阿蘇-佐多岬
【4日目】鹿児島-宮崎-門司港
→フェリーで東京へ


移動に2日間、九州を2日間、フェリー2泊3日という感じですね。

これを見ると3日目は相当ハードな日程だったなと思います。

1日で九州大陸縦断しましたからね。

移動はほとんど高速道路でした。

ガソリン料金は10,412円

私のNinja250Rの燃費は下道で22km/L、高速道路で30km/Lくらいです。

東京から九州まではだいたい5,000円でした。

その後九州大陸を高速と下道で駆け回ったので総額10,412円です。

諭吉でいけるぞ!..

ガソリン総額10,412円

前述の通り、九州大陸の移動ではほぼ高速道路だったので割りといい燃費だったと思います。

しかし給油は高速のSA中心だったのでガソリン料金はちょっとお高めでした。

SAのガソリンスタンドはだいたい150円/Lでした。

いい燃費だけどガソリンは高い、±0でしょうか。

宿泊費は7,400円

この料金は特殊だと思うのでちょっと説明させてください。

私がホテルを利用したのは初日の神戸と3日目の鹿児島です。

なかでも初日の神戸ではカプセルホテルを利用しました。

こちらもチェック➘
ツーリングの宿泊先としてカプセルホテルのススメ | takablog


内訳はこちら

・カプセルホテル 3,500円
・鹿児島のホテル 3,900円

両ホテル素泊まり1泊


2日目の宿泊先はどこかというと「祖父母の家」でした。

実は福岡に祖父母が住んでいてそこに泊めてもらったので宿泊代はタダ、食費もタダ、3日目のお弁当もつくってもらっちゃいました!

めちゃありがたい。

祖父母に頼って..

宿泊費7,400円

フェリー運賃 24,510円

フェリー運賃は福岡の門司港から東京の有明港までの料金です。


内訳はこちら

・自動2輪 9,480円
・2等洋室学割 15,030円


積載するバイクは750ccを境に料金が分かれています。

750cc未満 9,480円
750cc以上 12,650円

学割は2等洋室を利用した場合に適用され、20%割引になるようです。

受付で学生証を見せればOKでした。

また車を船に積載する場合、車検証を見せる必要がありますが、私はバイクの排気量を自己申告するだけで車検証は見せなくて大丈夫でした。

バイクの場合は車検証いらないんですかね。一応持ってはいましたけど。

人とバイク合わせて..

フェリー運賃24,510円

まとめ

というわけで九州ツーリングにかかった費用を計算してみました。

食費に限っては計算していなかったのと個人差が大きいと思ったので割愛させていただきました。

今回計算した「高速料金」「ガソリン料金」「宿泊費」「フェリー運賃」を総計すると70,562円でした!

旅費

総額70,562円

これに食費が加わったり、九州ツーリングをするにあたってプロテクターを購入したり、ETCを導入したりしたので準備を含めると80,000円くらいは費やしたかなという感覚です。

お金はかかりましたが、時間がある学生の内に九州ツーリングができたのはとてもいい経験になりました。

ってか、めちゃくそ楽しかったです!!

今回は南を攻めたので今度はまだ行ったことのない北を攻めたいと思います!

九州ツーリングにかかった高速料金は? | takablog

YouTube

九州ツーリング#1の動画の動画です!

朝4時のまだ暗い時間帯からのスタートです。

Follow me!

2 コメント

  1. I’m really inspired along with your writing skills as neatly as with the format in your weblog. Is that this a paid theme or did you customize it yourself? Either way stay up the excellent quality writing, it is uncommon to peer a great weblog like this one nowadays..|

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP