takablog

大学生×バイク×YouTube×ブログ×人生

カプセルホテル
ツーリング バイク バイクとお金

ツーリングの宿泊先としてカプセルホテルのススメ

神戸のカプセルホテル

どうもTakaです。

九州ツーリングの行きで神戸のカプセルホテルを利用したのですが、ツーリングの宿泊先としてカプセルホテルはアリだと思ったので、実際に使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

カプセルホテルの特徴

PollyDotによるPixabayからの画像

まずカプセルホテルの特徴を挙げると

・寝るだけのスペース
・一般的に素泊まり
・比較的安価
・遮音性低
・都市近郊に集中的に存在

などが挙げられます。


これらをツーリングでの宿泊という観点から考察したいと思います

寝れれば十分

ツーリングの宿泊では寝れれば十分と私は考えています。


カプセルホテルとはいえ、ちゃんとした枕や布団はありますので、寝るには十分なクオリティです。

ツーリングでは現地をバイクで走ることを主目的としているわけですから、ホテルや旅館のような手厚いサービスは要りません。

それらのサービスにお金を払うならちょっと高速道路を使ってみたりと、本命のツーリングの方にお金を使いたいわけです。


しかし難点を挙げるとすれば、仕切りがカーテンなので周りの客の気配であったり、いびきなどが聞こえてしまい、睡眠に支障をきたす可能性があります。

気にはなりましたが、私はツーリングで疲れていたのでいつの間にかぐっすりと寝ていました。

素泊まり朝食なしは都合がいい

素泊まり朝食なしはツーリングをする私にとって都合のいい部分があります。


それはホテルの朝食開始時間を待たなくていい点です。


私は1日の限られた時間を思う存分ツーリングに費やしたいと考えています。

そのために朝早く出発することが多いです。渋滞も避けられますしね。

それなのに朝食の始まる時間が決められていると出発が遅くなってしまいます。


これでは時間がモッタイナイ!


もともと朝はそんなに食べないし、ツーリングではあまり食欲は沸きません。

小腹がすいたらコンビニのパンとコーヒーがあれば十分です。

カプセルホテルは都市近郊に集中

それでも食事ないのはきつくない?

これも問題ございません。

カプセルホテルは主にビジネスパーソンの利用が多いと思います。

それゆえカプセルホテルは都市部に集中的に存在しています。具体的には駅の近くとかですね。


すると必然的にレストランも近くにあるということは言うまでもない事実


歩いていける距離なので食事には困りません。

ついでに娯楽施設で遊んだりもできるので周りの環境は充実してるといえます

しかし肝心のバイクを置けるかはちゃんと確認する必要があります。


私が泊まったカプセルホテルは無料で置かせてくれました。

ホテルの前に停めさせてくれた

それでいて安い

私が泊まったカプセルホテルの宿泊代は1泊3500円でした。

めちゃ安い。

寝るだけのスペースと食事がないので当たり前ですが、これらはツーリングする私にとって気になる問題ではなく、むしろ好都合な部分もあるのです。


私のニーズにとても合っていてそれでいて安いという…もう好条件が揃いすぎです。

まとめ

Twitterでも書きましたが、カプセルホテルは私のニーズにマッチした宿泊先と言えます。

・寝る場所があれば十分だしベッドは清潔に保たれているのでキャンプよりは全然快適。

・しかも大浴場付専用ロッカーもあって貴重品はそこに保管できる。

・アメニティ(歯ブラシ、かみそり、シャンプー、リンスなど)も充実。

・ツーリングでは食欲が沸かないので食事はなくても自分のタイミングでコンビニ寄ります。

・素泊まり朝食なしなので当然安い(1泊3500円)←好都合

・都市近郊にあるのでふら~とお出かけ気分転換

・娯楽室にはPCや漫画などもあったよ

ぜひツーリングの宿泊先としてカプセルホテルを検討してみてはいかがでしょうか。

私が泊まったカプセルホテル
→カプセルホテル神戸三宮[クリック]

YouTubeでも公開しています

Follow me!

2 コメント

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP