takablog

大学生×バイク×YouTube×ブログ×人生

グリップヒーター
バイクライフ

グリップヒーターが超快適!寒い冬を乗り越えろ【取り付け方法も解説】

どうもTakaです。

冬のバイクは手が寒くて大変ですよね。

寒いと手がかじかんでクラッチやブレーキを握るのが嫌になります。


そこでわたしもついにグリップヒーターを装備しました!

グリップヒーター
ENDURANCEのグリップヒーター

実際に使ってみての感想をお伝えしたいと思います。

最初に言っておくと、買ってよかったです!

グリップヒーターの暖かさ

まず皆さんが気になると思うのは、グリップヒーターの暖かさだと思います。

結論、めっちゃ暖かいです。

これは正直、驚くレベルの暖かさで、むしろ熱いくらいです。

冬は皆さんも厚手の冬用グローブを使うと思いますが、そのグローブを介しても熱が伝わるくらい高出力です。

バイクに積んでいるバッテリーの強さによって出力は変わると思いますが、少なくとも250ccのバイクでも十分な熱を発してくれていました。

グリップヒーターの弱点

グリップヒーターにも弱点はあります。

それは手の甲が風で寒いことです。

そんなことは承知の上で買った。

わたしも「グリップヒーターでも手の甲は寒いんだろうな」と覚悟はしていました。

しかし、手で握っているグリップヒーターの熱がグローブ全体に伝わって、手の甲側も暖かくなるのではないかという仮説がありました。

皆さんもこんな期待をしませんでしたか?

実際に使ってみて、この仮説は見事に破られました。

やはり走行風が当たる手の甲は寒かったです。

これはグリップヒーターの限界かなと感じましたね。

商品の説明

わたしが買ったグリップヒーターは有限会社エンデュランスの商品です。

せっかくなのでこのグリップヒーターの機能をお伝えします。

「グリップヒーターってただあったかいだけじゃないの?」

そう思ったあなた、実はグリップヒーターにはヒーター機能以外にも様々な機能があります。


3つの機能

まずどんな機能があるのか確認してみましょう。

  • バッテリーチェック機能
  • レギュレート機能
  • 最大出力調整機能

名前を見ただけで機能が想像できるものもあれば、難しいものもあると思います。

それぞれ解説します。

バッテリーチェック機能

バッテリーの電圧をチェックできる

ヒーターで加熱中でも使用可能

レギュレート機能

設定電圧まで下がると出力レベルを下げ、電圧が上がると元のレベルに自動で戻る。

最大出力調整機能

5段階で暖かさの調整が可能

車両の発電量に対応

特にバッテリーの電圧がわかるのはいいですよね。

ヒーターを使わない夏場は電圧計として機能します。

エンデュランス(ENDURANCE) 【受注生産品】グリップヒーター ホットグリップ 120mm ~ 125mm 薄型スイッチ 標準ハンドル用(22.2mm) JJHAN530H01

取り付け方法

実際にわたしが行った取り付け方法を解説します。

取り付けた車両はNinja250Rです。

  1. 電源取り出し
  2. 配線
  3. グリップ交換

電源取り出し

箱を開くとプラス線とマイナス線がつながったグリップ(1枚目)が出てきます。

コードの先端にはギボシ端子が付いています(2枚目)。


この2本の端子を使って、車体から電源を取り出します。

プラス線(赤)をヒューズボックスに接続し、マイナス線(黒)をボディーアースします。

ボディーアース

ボディーアースはマイナス(-)のことです。

車体にアース端子がない場合は車体に付いているねじと共締めすればOK。


プラス線(赤)はこのままだとヒューズに接続できないので、ミニ平型ヒューズを用意する必要があります。

これとプラス線(赤)を接続します。

ミニ平型ヒューズ
ミニ平型ヒューズ

そしてミニ平型ヒューズをヒューズボックスの”HORN(ホーン)”に付いているヒューズと交換します。

これでプラス端子の接続は終了です。


続いてマイナス線(黒)です。

もともとマイナス線に付いているギボシ端子をアース端子に加工します。

車体のねじと共締めするためです。

アース端子は付属品があるので新しく買う必要はありません。

すると写真のようにねじと共締めすることでアースが可能です。

電源取り出し

ねじに接続しても通電しない場合は他のねじで試してみて下さい。

原因はバイクの塗装部分が通電を拒んでいることです。

塗装されていないところに接続しましょう。

配線

電源とつながったグリップをハンドルまで持ってきます。

コードは結束バンドを使って車体と固定するとすっきりします。

わたしはカウルの左側を沿わせて配線しました。

コードの長さに関してはちょうどピッタリという感じでした。

グリップ交換

グリップ交換は力のいる作業で一番大変でした。

まず純正のグリップをカッターで切り裂きます。

続いてグリップヒーターを挿入するのですが、その前に確認することがあります。

それはグリップ長の調整です。

Ninja250Rのグリップ長は125mmです。

それに対してこの商品のグリップ長は115mmです。

そこで付属のスペーサーを利用し、長さを調整します。

右: グリップ長115mm+スペーサー5mm×2=125mm

グリップ
スペーサーを2枚

左側はスイッチを挟むので、スペーサーを入れる必要はなかったです。


ここで大変だったことをお伝えします。

それはリブ(出っ張り)の内側にスペーサーを入れる作業です。

リブはグリップがズレないようにするための突起なのですが、グリップ交換をする際には非常に邪魔になります。

リブはニッパーなどで削り取る方法もありますが、わたしはドライバーを駆使し、力づくでねじ込みました。

スペーサー
リブの内側にスペーサーを入れることに成功

うまくいったみたいですね。


あとはグリップを差し込む作業で完了です。

差し込むときはグリップヒーターのスイッチをONにして熱を持った状態で行ってください。

熱によって微妙にグリップの内径が変わるみたいです。

差し込んだ時にグリップがちょっと緩い場合は、付属のアルミテープで調整してください。

アルミテープ

わたしはこれを2枚貼ることで調整しました。

接着剤で固定する方法もありますが、わたしは使いませんでした。


取り付け方法は以上です。

まとめ

性能に関しては大満足です。

発熱量は申し分なく、発熱レベル5はもう熱いくらいです。

これで冬のツーリングで手がかじかんでつらい思いをすることはなくなりそうです。

ただ、取り付けに関しては大変な部分もあるので、頑張りましょう (笑)。

工賃がかかりますが、取り付けはお店に依頼する手段もあります。

これからグリップヒーターをガンガン使って寒い冬を乗り越えたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

YouTube≫

YouTubeでも感想を述べています!

Follow me!

2 コメント

  1. I like the helpful information you supply in your articles. I’ll bookmark your blog and test once more right here regularly. I’m quite certain I will be told many new stuff proper right here! Best of luck for the next!|

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP