再生回数を底上げする投稿して終わりにしない過去動画アピールの工夫【YouTube】

ノウハウ

ブログにはPV(ページビュー)を上げる工夫として内部リンクの設置があります。メイン記事で関連記事を紹介することで読者により深い情報を提供し、アクセス数を上げるのが目的です。せっかく過去に作った記事なのだから、新着記事で宣伝しないのはモッタイナイですよね。

この工夫はYouTubeにも応用できます。新着動画で過去動画の宣伝をするという方法ですね。

というわけで今回は、再生回数を底上げする投稿して終わりにしない過去動画アピールの工夫をお伝えしたいと思います。この記事を読むと、YouTube動画の再生回数を相乗効果で上げるチャンネル設計の考え方がわかります。

関連して、わたしのYouTubeチャンネルのTOPに「九州ツーリング#1」を固定している理由もこの記事で明らかにします。

どうもTakaです。

YouTube,Twitter,Instagramもよろしくお願いします。

再生回数を底上げする投稿して終わりにしない過去動画アピールの工夫

YouTubeにもブログにも共通する特徴としてあるのが資産性です。つまり、投稿すればするほどコンテンツが積み上がり、削除しないかぎり保存されていきます。

その資産性はうまく活かしたいところ。動画を投稿するほど過去の動画も再生されるような仕組みを作っていく必要があります。

それが今回のテーマ、過去動画のアピールです。「投稿して終わりにしない」というのは、新着動画に過去動画の宣伝も兼ねさせるという意味です。これはブランディングにもつながると思っています。

過去動画アピールの効果

わたしは新しい動画を撮影するとき、これまで投稿してきた動画に関連する内容があれば積極的に話すようにしています。

それはこれらの効果を期待してのことです。

  • チャンネル回遊率が増える
  • 過去動画の再生数が増える
  • ストーリー性を出せる
  • チャンネル登録の機会を増やせる

少々長い説明になるかもですが、、

過去動画を観てくれることで、チャンネル回遊率と再生数も同時に増え、チャンネルのストーリー性を出せます。ストーリーは共感につながります。動画を継続して視聴してもらえれば、チャンネル登録の機会も多く与えることができます。

視聴者がせっかく動画を観に来てくれたのだから、過去の動画へ継続視聴してもらうチャンスです。過去動画を観てもらえれば、そのチャンネルのイメージがなんとなく視聴者に伝わると思います。

同時に、視聴されることではじめてチャンネルのブランディングが活きてきます。

過去動画アピールのやり方

それでは具体的に過去動画のアピールとはどんな方法なのかを述べます。

まず例としてアピールしたい過去動画を決めましょう。わたしの場合はチャンネルTOPに固定している九州ツーリング#1です。

九州ツーリング#1 高速道路を爆走/ninja250r
九州ツーリング#1 高速道路を爆走/ninja250r

東京の朝4時から始めた九州ツーリングの第1話です。初っ端から雨を食らったり、凍えるような寒さであったり、新東名で120km/hを出したりと、けっこう大変そうな動画となっております。

この動画にアクセスが集まるように、投稿していく動画の中で、この九州ツーリングの動画をアピールしていきます。

アピールとはいえ、主張しすぎないように、事実を話すようにします。

「ここは九州ツーリングでも通りましたね~」
「九州ツーリングの経験から250ccは高速道路に向いてません。」

といったことを話すことができます。

ツーリング動画では「ここは九州ツーリングでも通りましたね~」といったように、通ったことある道からコメントしたりします。それとなく、九州ツーリング動画の存在を伝えることができます。

高速道路についても親和性がありますね。九州ツーリングは東京出発で高速道路を酷使したので、その経験を話すことができます。「東京から九州まで高速道路を使って移動した経験からお話しします」といったかんじで九州ツーリングをアピールできます。

概要欄で九州ツーリングへのリンクを貼るよりも、動画内で話したほうが印象に残ると思います。

九州ツーリングの話題を持ってきた動画たち

実際の事例を示すと、これらの動画で九州ツーリングを話題にしています。

「これだけあるんだぞ!」ということを示せると思い、この章を用意しましたが、思ったよりなかったです。(笑)

流し見でけっこうです。

残念ですが、250ccバイクは高速道路に向いてません。/ninja250r
残念ですが、250ccバイクは高速道路に向いてません。/ninja250r
バイクに乗るために総額57万円の借金をした話/ninja250r
バイクに乗るために総額57万円の借金をした話/ninja250r
関西ツーリング#1 東京から鈴鹿を目指す【東名川崎〜浜松SA】/ninja250r
関西ツーリング#1 東京から鈴鹿を目指す【東名川崎〜浜松SA】/ninja250r

流し見ありがとうございます。

過去動画アピールの効果を知る方法

過去動画をアピールしたら、そのアピールを聞いて視聴者がその動画を観に行ってくれたか知りたいですよね。

知れます。

YT StudioというYouTube分析アプリを使えば、「この動画にトラフィックを誘導している上位の動画」を一覧でみることができ、どの動画から観に来てくれたのかがわかります。

期間を過去7日間などに設定して直近のデータをみてみましょう。そこに新着動画が食い込んでいれば過去動画アピールの効果があったことがわかります。

動画は基本的に投稿直後にアクセスが集まり、時間が経過するにつれて再生数が減少していきます。数年前の動画などは現在全く再生されていないものもあると思います。

そういった動画に対して、新着動画で宣伝すると、その効果を実感します。もともと再生されていない分、新着動画を出したタイミングでわずかな伸びが目立つからです。

YouTubeチャンネルのTOPに「九州ツーリング#1」を固定している理由

九州ツーリング#1 高速道路を爆走/ninja250r

Taka RiderのYouTubeチャンネルにアクセスすると、九州ツーリング#1の動画が固定表示されていると思います。

理由を話すと、まず評判が良かったからなのですが、それだけでなく、継続して観てもらうための最初のフックになるようにしています。評判だけなら他の動画でもあるものもある。

というのも、九州ツーリングは全10話で構成されており、#1をみたら#2,#3…と継続視聴してもらえているからです。これはとてもありがたいことです。

そんな最強の九州ツーリングはぜひとも新規の視聴者の目にも止まってもらいたいと考えています。だから他の動画から積極的にアピールするし、視聴者が興味を持ってチャンネルホームに訪れたときに、九州ツーリングが見つけられるようにしています。

このようにチャンネルの主力動画に対して、ほかのあらゆる動画から案内することで、チャンネルの魅力をしっかりとアピールできます。視聴者が一発でほかのチャンネルに行ってしまうと寂しいですよね。

まとめ

最後に本記事のまとめです。

今回は、投稿して終わりにしない過去動画アピールの工夫というタイトルでお送りしました。「投稿して終わりにしない」というのは、更新していく動画内で過去動画の宣伝も兼ねさせるという意味でした。

基本的に過去動画の再生数は時間が経つほど落ち着いていきます。これをよく動画の賞味期限といわれますが、新しい動画を更新し、過去動画を自然な形で紹介していけば、最新動画も過去動画も同時に再生回数が回るようになります。

動画はYouTube上に保存されていくので、あらゆる動画で主力動画をアピールしていけば、再生回数が回る仕組みが整ったチャンネルに近づいていきます。

さらに、過去動画アピールの効果測定の見方もお伝えしました。それは動画のトラフィックソースを見ることでしたね。


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメント

PAGE TOP